イベント

イベント

ホーム   >   イベント   >   「葉山美術講座」第6回「瀧口修造 旅する眼差し(2)」

「葉山美術講座」第6回「瀧口修造 旅する眼差し(2)」

葉山館

2019年8月21日(水曜)

5名の当館学芸員が近代美術の専門テーマについて、少し上級者向けの奥深い内容をお話しする「葉山美術講座」。
1回のみの参加も可能です。

 

第5回 瀧口修造 旅する眼差し(2)

瀧口修造(1903-1979)は、戦前、フランスから波及した前衛芸術思潮であるシュルレアリスムに影響を受け、実験的な詩作を始めます。戦時下、思想統制の強化により拘留され、活動は途絶するも戦後は若い作家と交流し、美術批評家として出発します。一方、晩年にかけて造形制作を手がけ、マルセル·デュシャンやジョアン·ミ口らとの共同制作に力を注いだことも特筆すべきでしょう。8月の講座では、その変化の契機となった1958年のヨーロッパ旅行を糸口に、瀧口が求め、問い続けたシュルレアリストとしての姿を探ります。

開催概要

時間:午後2時から3時30分
定員:当日先着60名
会場:神奈川県立近代美術館 葉山 講堂
講師:朝木由香(学芸員)

対象:近代美術の作品やその歴史について理解を深めたい方
※申込不要、参加無料。
※日時や内容は変更となる場合があります。

日程・テーマ

第1回 4月17日(水曜) 戦前・戦中の佐野繁次郎
第2回 4月24日(水曜) 師弟関係の二人の画家 佐野繁次郎と金山康喜
第3回 6月5日(水曜) ポーランド人民共和国の社会とポスター芸術
第4回 6月19日(水曜) ポーランドとソヴィエト連邦のポスターの比較試論
第5回 8月7日(水曜) 瀧口修造 旅する眼差し(1)
第6回 8月21日(水曜) 瀧口修造 旅する眼差し(2)
第7回 10月23日(水曜) 鎌倉別館の建築家・大髙正人(1)
第8回 10月30日(水曜) 鎌倉別館の建築家・大髙正人(2)
第9回 12月4日(水曜) 関根正二 夭折画家の肖像(1)
第10回 12月18日(水曜) 関根正二 夭折画家の肖像(2)

ページトップへ