このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

コレクション紹介:彫刻

彫刻のジャンルでは、粘土で原型を作りブロンズに鋳造した作品や、木彫・石彫といった、一般的に「彫刻」と呼ばれる作品から、さまざまな素材を組み合わせた現代作家の立体作品まで、明治期から現代の作品を所蔵しています。高村光太郎、中原悌二郎、武石弘三郎、戸張孤雁、保田龍門、菊池一雄ら明治期以降の彫刻家をはじめ、戦後の堀内正和、柳原義達、宮脇愛子、村岡三郎、飯田善國、小田襄、若林奮、西雅秋、湯原和夫、保田春彦、土方久功らの代表作が含まれ、ロダン、ブールデル、ゴームリーら外国作家の作品も交えてその総数は約600点です。また、彫刻家による素描類も所蔵しています。

コレクション紹介へ

↑ページのTopへ

コレクション紹介へ

↑ページのTopへ