このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

野外彫刻の設置

野外彫刻の設置

2003年5月29日に、西雅秋氏が《大地の雌型より》(2003年)の最終調整のために来館されました。

この作品は、葉山館のために制作されていたものです。葉山館の敷地内にもともとあった東屋を残して、その周囲に作品を設置しました。使わなくなった近所の漁船4隻(与助丸・孫三丸・魚佐丸・吉明丸)からコンクリートで型抜きしました。

開館時間中は、庭園に入れば自由に見ることができます。
葉山館にはこれからも野外彫刻を設置していきます。


葉山館トップへニュース・イベントへ

↑ページのTopへ