このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ワークショップ:“かたち”見つけた!

「彫刻家 堀内正和の世界展」にともなうワークショップ参加者募集のお知らせ

内容:どんな小さなことでも、自分で努力して発見するということはすばらしいですね。このワークショップでは、新しい形を発見する楽しみをあじわうよう、次のようなテーマを用意しています。
1.三浦折り: これは、宇宙空間で大きなパネルを作るため、パネルを折りたたむ方法として考えだされました。これと同じものを折り紙によって作ってみます。それから、四角形以外の紙でもできるかどうか、試してみましょう。
2.シャボン膜で曲面をつくる: 針金でいろいろな形のねじれたワクを作って、それにシャボン膜をはってみましょう。美しい曲面の形ができます。気に入った形が見つかったら、固化する液体で作ってみて保存しましょう。
3.マラルディの角度: 約109.5度の角度をマラルディの角といいます。この角度は、ミツバチの巣の中に現れるので、昔から研究されました。この角度を、シャボン膜や、分子の模型のなかに見つけてみましょう。

講師: 高木隆司氏(東京農工大学教授)
対象: 中学生以上 20名
会場: 神奈川県立近代美術館 鎌倉 2F会議室
受講費・材料費:無料です。ただし、大学生以上の方は入館料が必要です。
日程は以下のとおりです。(定員になりましたので受付は終了いたしました。)
A 2003年11月22日(土) 午前11:00〜12:30
B 2003年11月22日(土) 午後2:30〜4:00
C 2003年12月20日(土) 午前11:00〜12:30
D 2003年12月20日(土) 午後2:30〜4:00 
 

〒248-0005 鎌倉市雪ノ下2−1−53 
     Tel 0467-22-5000
神奈川県立近代美術館 鎌倉 堀内正和ワークショップ係
同時開催 彫刻家 堀内正和の世界展 2003年11月15日(土)〜2004年2月8日(日)


鎌倉館トップへニュース・イベントへ

↑ページのTopへ