このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

片岡球子展 座談会

「師を語る—三人の日本画家と」

パネリスト:山本直彰、松村公嗣、荻原季美子

司会・進行:山梨俊夫(神奈川県立近代美術館館長)

6月12日(日) 午後2時〜4時
葉山館 講堂
定員70名(当日先着順) 無料

1966年の開校時より愛知県立芸術大学で教鞭を執った片岡球子。この座談会では当時の思い出話を、同大学での教え子である三人の日本画家にうかがいます。


葉山館トップへニュース・イベントへ

↑ページのTopへ