このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

山口勝弘展(鎌倉館) 関連情報

 来年2月に鎌倉館で開催する「山口勝弘と『実験工房』」展の作家、山口勝弘が実験工房の武満徹・鈴木博義(音楽)、北代省三(美術)らと共に美術担当として制作に携わった映画作品『銀輪』(1955年、12分)が、東京国立近代美術館・フィルムセンターの「発掘された映画たち2005」で上映されます。
 『銀輪』は実験映画作家の松本俊夫が製作を率いた日本自転車工業会の海外PR用短篇で、円谷英二による日本初のカラー特撮映画としても特筆に値する作品です。
 詳細は東京国立近代美術館のHPをご参照ください。

日時:8月2日(火)7:00pm/8月18日(木)3:00pm
会場:東京国立近代美術館フィルムセンター(東京・京橋)

下の関連をクリックするとフィルムセンターの作品解説ページにリンクします。


>関連

鎌倉館トップへニュース・イベントへ

↑ページのTopへ