このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

葉山館の美術図書室で、鎌倉館開館当初の展覧会図録等を展示しています。

葉山館の美術図書室で、鎌倉館開館当初の展覧会図録等を展示しています。

神奈川県立近代美術館は、日本で最初の公立近代美術館として1951年に開館し、今年で開館60周年になりました。開館記念展は「セザンヌ、ルノワール展」で、その後、国内外の作家展、数々のテーマ展、日本近代の重要な作家の展覧会を数多く開催してきました。活動の主軸を展覧会活動として出発し、現在まで続いています。こうした展覧会活動、そのための日々の調査研究をとおして、多くの作家や作家の家族、収集家、美術愛好家との縁が結ばれ、現在のコレクションが形成されてきました。 図録を見ていくと、展覧会活動が現在のコレクション形成を支えていることがうかがえます。今回は鎌倉館開館60周年を記念して、開館当初の展覧会図録を特別展示いたします。


展示資料

1951年 セザンヌ、ルノワール展図録・目録
1951年 第1回複製展目録
1952年 佐伯祐三作品目録







美術図書室

鎌倉館トップへニュース・イベントへ

↑ページのTopへ