このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ワークショップ「ドンゴロス鳥をつくろう」講師: 仲田智氏(5月24日)【申込を締め切りました】

葉山館で開催中の「立ちのぼる生命(いのち) 宮崎進展」の関連企画として、美術家で宮崎進氏の助手をつとめられていた仲田智氏を講師にお招きし、ワークショップを開催します。
※定員に達したため、申込みを締め切りました。


ワークショップ「ドンゴロス鳥をつくろう」

ドンゴロス(麻布)と石膏、シュロ縄、木を使って、心の中に浮かぶイメージの鳥を作ります。
(ドンゴロス:宮崎進の作品に用いられる、コーヒー豆などを入れる粗い麻布のこと)

日時:5月24日(土曜) 午後1時~5時
講師:仲田 智氏(美術家)
1987年多摩美術大学絵画科卒業、1989年同大学院美術研究科終了。
個展、グループ展を中心に作品を発表。現在、横浜美術大学絵画領域非常勤講師。
www.nakata-satoshi.com

会場:神奈川県立近代美術館 葉山、および一色海岸
対象:小学校高学年以上
定員:15名(申込先着順)
参加無料(ただし高校生以上は「宮崎進展」観覧券が必要です)



「近代美術への問い合わせ」フォームへ

葉山館トップへニュース・イベントへ

↑ページのTopへ