このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

県立機関活用講座 第1回「チェコ・アニメーションと音楽」(10月18日)

葉山館で開催中の「東欧アニメをめぐる旅 ポーランド・チェコ・クロアチア」展に関連して、「アニメの楽しさ・豊かさ」をテーマに、全5回の連続講演会を開催します。
第1回は10月18日(土曜)に「チェコ・アニメーションと音楽」というテーマで、パリ・チェコセンター副館長のジャン・ガスパール・パーレニーチェク氏と、同名の作曲家・ピアニストであるヴァーツラフ・トロヤンの子息ヴァーツラフ・トロヤン氏を講師にお迎えします。
定員にまだ空きがございますので、ぜひご参加ください。


第1回:10月18日(土曜) 午後2時~4時
「チェコ・アニメーションと音楽」

講師:ジャン・ガスパール・パーレニーチェク(パリ・チェコセンター副館長)
1978年、プラハ生まれ。散文作家、劇作家にして俳優でもある。プラハ、オルフェウス劇団において俳優として活動後、フランス、パリのチェコ・センターの芸術監督に就任し、チェコ文化を紹介する様々な展示やイベントを手がける。「ラ・ロシェル国際映画フェスティバル2014」には、その年のテーマのひとつチェコ・アニメーションの部門の監修として招かれた。

講師:ヴァーツラフ・トロヤン(同名の作曲家・ピアニストであるヴァーツラフ・トロヤンの子息)
1945年生まれ。チェコ・テレビなどで音楽の仕事に携わる。同姓同名の父親は、チェコの民族音楽に着想を得ながら『真夏の夜の夢』(1959年)をはじめとするイジー・トゥルンカのアニメーションの音楽を担当して、トゥルンカ作品の国際的な評価に寄与した。幼い頃、父トロヤンとトゥルンカが協力して創作する姿を目の当たりにしていた。


会場:神奈川県立近代美術館 葉山 講堂
定員:各回70名
受講料:各回1,000円(第1回から第5回まで、任意の回数で申込み可能です)
申込方法:次の事項を明記し、Fax、往復はがき、問い合わせフォームのいずれかでお申込みください。
1)受講希望の回(例:第1回と第3回)
2)氏名(ふりがな)
3)郵便番号、住所、電話番号、FAX番号、メールアドレス
4)参加希望人数(同伴者の氏名・ふりがな)

申込先:
〒240-0111 三浦郡葉山町一色2208-1 神奈川県立近代美術館 「県立機関活用講座」係
Fax:046-875-2574 (Fax番号はお間違いのないよう、よくご確認ください)

問い合わせフォームの場合:
下記のリンク先(神奈川県ホームページの「問い合わせフォーム」)からお申込みください。

お問い合わせ先:神奈川県立近代美術館 葉山
Tel. 046-875-2800(代表)

*受講料は受講日ごとに、会場受付にて現金でお支払いください。
*全5回のうち、4回以上受講された方には修了証を差し上げます。




「近代美術館への問合せ」フォーム

葉山館トップへニュース・イベントへ

↑ページのTopへ