このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

記念シンポジウム「東欧アニメをめぐる旅」(1月12日)のパネラーが当初予定より変更となりました

葉山館では「東欧アニメをめぐる旅 ポーランド・チェコ・クロアチア」展の最終日となる2015年1月12日(月曜・祝日)に、記念シンポジウム「東欧アニメをめぐる旅」を開催します。

なお、当初来日を予定していたパネラーのヴィトルト・ギェルシュ氏(アニメーション作家)が、都合により参加できなくなったため、アンジェイ・ロマン・ヤシェーヴィチ氏(ポーランド映画製作者協会代表)にパネラーとしてご参加いただくこととなりました。
またシンポジウム当日は特別上映として、ポーランドのヴィトルト・ギェルシュ監督作品「ネオンのお話」(1959年)、「待ちながら」(1962年)、「レディース&ジェントルマン」(1965年)の3本と、クロアチアのノイゲバウエル兄弟監督作品「大集会」(1950年)を上映いたします。


記念シンポジウム「東欧アニメをめぐる旅」

日時:2015年1月12日(月曜・祝日) 午後2時~4時
場所:神奈川県立近代美術館 葉山 講堂
定員:70名(当日先着順)
※申込不要、参加無料


トーク 「東欧アニメへの誘い」 水沢勉(当館館長)

パネラー:アンジェイ・ロマン・ヤシェーヴィチ氏(ポーランド映画製作者協会代表)
      越村勲氏(東京造形大学教授)
      柴田勢津子氏(株式会社イデッフ)
司  会:籾山昌夫(当館主任学芸員)


<特別上映作品>

ヴィトルト・ギェルシュ(ポーランド)監督作品
『ネオンのお話』(1959年)
『待ちながら』(1962年)
『レディース&ジェントルマン』(1965年)

ノイゲバウエル兄弟(クロアチア)監督作品
『大集会』(1950年)


展覧会詳細

葉山館トップへニュース・イベントへ

↑ページのTopへ