このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

神奈川県立近代美術館 鎌倉(略称:鎌倉館)の閉館に際しまして

平素より神奈川県立近代美術館の活動にご理解・ご協力賜りまして、まことにありがとうございます。
現在開催中の展覧会「鎌倉からはじまった。1951-2016 PART3:1951-1965『鎌倉近代美術館』誕生」の終了にともない鎌倉館が一般公開を終える件に関しまして、お寄せいただいているご質問に対し、下記の通りご説明させていただきます。

・鎌倉館閉館の経緯について
鎌倉館(旧館・新館)は老朽化が顕著になっており、また、国史跡に指定された鶴岡八幡宮境内では史跡にそぐうもの以外の現状変更が認められず、美術館として改修することは困難であるため、2016年3月末で美術館としての活動は終了することとしております。

・今後の鎌倉館について
神奈川県立近代美術館が鎌倉館にて開催する展覧会は2016年1月31日(日曜)までとなっており、その日をもちまして一般公開は終了となります。その後の美術館活動は、鎌倉別館と葉山館の二館体制で行っていく予定です。

・建物について
旧館棟については、現時点では鶴岡八幡宮に引き継ぐ方向で調整しております。また、別棟(附属屋)と、耐震に問題があるため2007年より展示のための使用を中止している新館棟(第3展示室)は取り壊す方向で検討しています。

・収蔵品について
鎌倉館の収蔵品(現在鎌倉館の敷地内にある屋外彫刻など)に関しましては、鎌倉別館と葉山館で保存・管理し、両館での展示や他館への貸出などに活用いたします。

2015年12月
神奈川県立近代美術館


鎌倉館トップへニュース・イベントへ

↑ページのTopへ