このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

彫刻プロジェクトin鎌倉2016 クリスマス・スペシャル 狩野志歩 映像インスタレーション「鎌倉別館にて」(12月24、25日)

狩野志歩 映像イメージ (c)Shiho Kano

「彫刻プロジェクトin鎌倉2016」は、鎌倉別館の野外彫刻と建物をフィーチャーしたクリスマスの特別企画。
 柳原義達《犬の唄》をはじめ、1984年の開館以来32年の歴史のなかで発展してきた庭園の彫刻、大髙正人の設計による建築意匠をモティーフに、映像作家の狩野志歩に委嘱した新作のヴィデオ・インスタレーション上映を、渡邊ゆりひとのソロ ヴォーカル インプロヴィゼーションとともに行います。

日時:2016年12月24日(土曜)、25日(日曜) 各日午後5時~5時45分
会場:神奈川県立近代美術館 鎌倉別館

*参加は無料ですが、入場には「松本竣介 創造の原点」展の観覧券が必要です。午後4時30分までに観覧券の購入と入場をお済ませ下さい(同日内の再入場は5時まで可能です)。
*両日に限り、1階にて午後5時まで狩野志歩の今夏制作した新作を含む過去の映像作品をモニターで上映予定です。

狩野 志歩 Shiho KANO(video)
写真、フィルム、ヴィデオなど様々なメディアを用いた映像作品やインスタレーション作品を制作。ロッテルダム国際映画祭などで招待上映多数。東京都写真美術館の「映像をめぐる7夜」(2008)では渡邊ゆりひと、有馬純寿のサウンドとコラボレーションしたライブ・インスタレーションを発表。武蔵野美術大学「パリ賞」受賞、および文化庁新進芸術家海外留学制度にてパリ国際芸術都市に滞在(2005-06)。パブリックコレクションに東京都写真美術館、国立国際美術館など。
website: http://www.shihokano.info/

渡邊 ゆりひと Yurihito WATANABE(voice, word, sound)
グロッソラリアによるヴォーカル・インプロヴィゼーションを軸に、そのレゾンナンスから「詩、サウンド・プロセッシング、音楽」を折り重ねたサウンドワークを制作。ソロパフォーマンスの他、インプロヴィゼーション・ユニットEnsemble INAUDIBLEではディレクションとパフォーマンスを行う。企画展Radical Fashion(London, V&A Museum, 2001)をはじめとするDavid Toop、狩野志歩、菅野まり子とのコラボレーション多数。ソロアルバムに「Mille Comédies ─ Le Double Inaudible」。
blog: millecomedies.blogspot.jp



Adobe Reader のダウンロード PDFファイルをご覧になるためにはAdobeReaderが必要です。

鎌倉別館トップへニュース・イベントへ

↑ページのTopへ