このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

砂澤ビッキ展関連企画 能藤玲子ダンスパフォーマンス「風に聴く」(5月13日)

「砂澤ビッキ展」に出品されている彫刻作品《風に聴く》は、1986年12月に北海道厚生年金会館大ホールで行われた能藤玲子創作舞踊公演「風に聴く」の舞台に出品され、当時のタイトルは《四つの風B》というものでした。また同公演は1987年8月に、ギリシャのクレタ島カザン・キサス・ガーデンシアター、およびロードス島タフロウ劇場でも上演されました。
今回、《風に聴く》が展示されている第3展示室で、能藤玲子創作舞踊団によるダンスパフォーマンスを開催します。

日時:5月13日(土曜) 午後2時開演(ダンスパフォーマンスは10分程度)
出演:能藤玲子
会場:神奈川県立近代美術館 葉山 第3展示室


能藤玲子創作舞踊団(外部サイトへ)

葉山館トップへニュース・イベントへ

↑ページのTopへ