このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

図録・刊行物の詳細

ショップについて

建築家坂倉準三 モダニズムを生きる 建築、都市、空間

坂倉準三展図録表紙

サイズ:22.8 x 18.2 cm
ページ数:208 ページ
発行年度:2009年度
価格:3,024円(税込)
ISBN:4863580754


*一般書籍として書店等でもお求めいただけます。(http://www.echelle-1.com/jp/)

坂倉準三(1901−1969)は20世紀建築の巨匠ル・コルビュジエの弟子としてモダニズム建築・デザインの分野ですぐれた仕事を数多く残した。
本展では没後40年を記念して、建築から都市、家具、インテリアなど多岐にわたる活動の全貌を振り返り、その今日的な意義を探る。

編集:神奈川県立近代美術館(太田泰人、三本松倫代)
編集・制作:アーキメディア(下田泰也、臺真理子)
編集協力:坂倉建築研究所(萬代恭博、鶴蒔進、河田佳織)、北村紀史、小原沢あかね
デザイン:schtücco(秋山伸、堤あやこ、松井健太郎)
制作協力:株式会社シグマ
印刷:株式会社プライズコミュニケーション
発行人:東和久
発行・発売:アーキメディア
ごあいさつ、謝辞、目次
人間のための建築(高階秀爾)
坂倉準三の居場所[I](磯崎新)
時代をリードした、坂倉先生の歴史認識と国際性(菊竹清訓)
パリ万博日本館と神奈川県立近代美術館について(二川幸夫)
追想―準三先生(北村脩一)
カタログ
Section 1 パリ、ル・コルビュジエのアトリエへ
Section 2 戦争と建築
Section 3 新しい創造へ
Section 4 モダニズムを生きる
Section 5 時代の建築をつくる
Section 6 輝く都市を越えて
坂倉準三の建築―その都市と公共空間へのまなざし(松隈洋)
難波・渋谷・新宿―戦後都市と坂倉準三のターミナルプロジェクト郡(青井哲人)
ル・コルビュジエのもとでの修業時代―坂倉準三がアトリエで作成した図面を
通して(山名善之)
略年譜、建築作品リスト、参考文献、展覧会組織・模型制作、写真クレジット・
収蔵先

展覧会詳細

オランジュブルー

商品に関するご質問は、電話にてお問い合わせください。

  • ショップ オランジュブルー 電話:046-877-5630

図録・刊行物の一覧へ戻る

↑ページのTopへ