このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

Home > コレクション > コレクション検索

浅井忠   あさい ちゅう (1856-1907)

image

河合辰太郎肖像

ca. 1899  油絵具、カンヴァス

54.5×42.5

モデルの河合辰太郎は、現在の凸版印刷の創業者で、浅井忠だけでなく本多錦吉郎とも親交があり、印刷会社の社主と画家との関係から彼らを支援してもいた。浅井忠は、国沢新九郎が開いた洋画塾彰技堂で洋画を学びはじめ、入塾後半年ばかりのちに開校した工部美術学校に入学しA.フォンタネージから本格的な美術教育を受けた。フォンタネージが病を得て帰国すると、同志とともに同校を退学し、おもに風景や田園の光景を描いて油彩画の研究を進めた。そのすぐれた風景描写によって、浅井忠は明治の前半から中期にかけての洋画のもっとも良質な部分を代表する。この作品は、のちにフランスに2年ほど滞在し、明治期洋画の傑作を数々制作したあと、京都に住んで深く親交のあった中沢岩太の肖像や母の肖像とともに、浅井忠が生きている人間を表わした数少ない作品である。風景画にも示される浅井のてらいのない穏やかな筆遣いと色使いが、ここでもよく生かされている。

凡例

■作品名

制作年 技法

寸法

[寸法の見方について]

洋画、日本画、写真の場合:寸法(縦・高さ)cm×寸法(横・幅)cm

彫刻、工芸の場合:寸法(縦・高さ)cm×寸法(横・幅)cm×寸法(厚み・奥行)cm

版画の場合(イメージ寸):寸法(縦・高さ)cm×寸法(横)cm

戻る コレクション検索へ

↑ページのTopへ