このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ワークショップ 「どこまでもつづく景色 ―長い長い紙を使って」を2月5日(日曜)に開催します。

鎌倉館で1月21日(土曜)から開催される「生誕100年 藤牧義夫展 モダン都市の光と影」の関連プログラムとして、藤牧義夫が製作した《白描絵巻(隅田川絵巻)》にちなみ、小さな絵巻を製作します。


このワークショップでは、展覧会の鑑賞とギャラリートークのあと、デジカメで美術館周辺の風景を連続撮影し、その写真を参考に墨で絵を描きます。鎌倉のまちの再発見と、風景を描くことの面白さを体験できるプログラムです。



ワークショップ「どこまでもつづく景色 ―長い長い紙を使って」
日時 2月5日(日曜) 午前10時~午後4時
会場 神奈川県立近代美術館 鎌倉
対象 中学生から大人
定員 15名(申込先着順)

参加費:「生誕100年 藤牧義夫展」の観覧券(高校生以上の方)と材料費(500円程度)が必要です。
持ち物:デジタルカメラ

申込方法:下記のリンク先から申込用紙付きチラシをダウンロードのうえ、氏名・年齢・住所・電話とファクス番号をご記入し、下記の宛先にファクスでお申し込みください。受領後、美術館からご返信いたします。


神奈川県立近代美術館 鎌倉 FAX 0467-23-2464 「藤牧義夫展 ワークショップ係」


Adobe Reader のダウンロード PDFファイルをご覧になるためにはAdobeReaderが必要です。

鎌倉館トップへニュース・イベントへ

↑ページのTopへ