展覧会

展覧会

ホーム   >   展覧会

開催中・これからの展覧会

開催中

葉山館 [ 企画展 ] 2021年9月18日 – 2021年11月14日

生誕110年 香月泰男展

新型コロナウイルス感染拡大状況等により、会期等が変更となる可能性があります。最新情報は当ウェブサイトをご覧ください。

太平洋戦争とシベリア抑留の体験を描いた「シベリア・シリーズ」で戦後洋画史に確固たる地位を築いた香月泰男(1911–1974)。東京美術学校時代から最晩年まで、同シリーズ全57点を含む代表作約150点を制作年順に展覧します。「一大叙事詩」として読み取られることの多いシベリア・シリーズを同時期の作品と併せて展示することで再検証し、画業の全容を紹介するとともに、「シベリアの画家」としてのイメージに隠れがちだった多彩な魅力に迫ります。

Image: 香月泰男《北へ西へ》1959年 山口県立美術館蔵

開催中

葉山館 [ コレクション展 ] 2021年9月18日 – 2021年11月14日

内なる風景

新型コロナウイルス感染拡大状況等により、会期等が変更となる可能性があります。最新情報は当ウェブサイトをご覧ください。

同時開催の「香月泰男展」に合わせ、香月が師事した藤島武二、生前に親交のあった野見山暁治、髙山辰雄ら関連作家の作品をコレクションから紹介します。香月と同様にシベリア抑留体験をもつ澤田哲郎と宮崎進は、その記憶を心に迫る作品として残しました。戦争に向き合い、命を削るように描いた松本竣介や靉光、過酷な従軍生活をもとに自己の心の痛みにとどまらない複雑な表現を展開した浜田知明らを取り上げ、それぞれの忘れえぬ記憶をつなぎます。

Image: 澤田哲郎《シベリヤの密葬》1948年 当館蔵

開催中

鎌倉別館 [ 企画展 ] 2021年10月1日 – 2021年11月14日

【会期変更】町田市立博物館所蔵 岩田色ガラスの世界展ー岩田藤七・久利・糸子ー

新型コロナウイルス感染拡大状況等により、会期等が変更となる可能性があります。最新情報は当ウェブサイトをご覧ください。

近代ガラス工芸を先導した岩田藤七(1893–1980)。あざやかな色ガラスを自在に操り、日本の伝統的美意識にもとづく形や文様を活かした大胆な造形を追求しました。本展は藤七に加え、同じくガラス作家となった息子の久利(1925–1994)、その妻である糸子(1922–2008)の作品、総数約60点を町田市立博物館の所蔵品から展示するものです。当館の収蔵品から藤七と鎌倉の作家たちとの交流を顧みつつ、同時代の美術についても紹介します。

Image: 岩田藤七《貝》1962年 町田市立博物館蔵

予  定

葉山館 [ 企画展 ] 2021年11月27日 – 2022年1月30日

矢萩喜從郎新しく世界に関与する方法

新型コロナウイルス感染拡大状況等により、会期等が変更となる可能性があります。最新情報は当ウェブサイトをご覧ください。

グラフィックデザイン、写真、彫刻、建築そして評論などへの関与から、14年間で62か国103会場を巡回した個展「Hidden Japan 自然に潜む日本」や世界各地の芸術祭への参加など、約35年間の仕事が国際的に評価され、思索に富んだ多面的な活動で知られる矢萩喜從郎(1952– )。かつて宇宙の理(ことわり)を具体化することを標榜した「具体芸術」を超え、言葉や概念から紡がれる、新しい世界を構想することに挑んできた作品の中から、代表作を精選して紹介します。

Image: 矢萩喜從郎《Space of Magnetic Vision》2014年 個人蔵

予  定

葉山館 [ 企画展 ] 2022年2月12日 – 2022年4月3日

奥谷博―無窮へ

新型コロナウイルス感染拡大状況等により、会期等が変更となる可能性があります。最新情報は当ウェブサイトをご覧ください。

高知県幡多郡宿毛町に生まれ、東京藝術大学で林武に師事し、独立美術協会で活躍している奥谷博(1934– )は、2017年に文化勲章を受章した洋画家です。本展覧会では、1973年から葉山に在住する奥谷博の、学生時代から現在に至るまでの創作の全貌を、未発表作品を併せて紹介します。

Image: 奥谷博《鏡の中の自画像と骨》1975年 当館蔵

予  定

葉山館 [ コレクション展 ] 2021年11月27日 – 2022年1月30日

アンリ・マティスの挿絵本

新型コロナウイルス感染拡大状況等により、会期等が変更となる可能性があります。最新情報は当ウェブサイトをご覧ください。

アンリ・マティス(1869–1954)のステンシルによる挿絵本『ジャズ』(1947 年)とリトグラフによる版画集『シャルル・ドルレアン詩集』(1950 年)を展示します。マティス特有の鮮やかな色彩と平明な線描が見事に結実したこれらの挿絵本は、日本画家の山口蓬春が収集したものです。本展では、山口蓬春文庫として当館に収められたマティスの挿画本の仕事を、フランスの美術雑誌『ヴェルヴ』などと共に紹介します。
 

予  定

鎌倉別館 [ 企画展 ] 2021年11月23日 – 2022年1月30日

フィリア―今 道子

新型コロナウイルス感染拡大状況等により、会期等が変更となる可能性があります。最新情報は当ウェブサイトをご覧ください。

写真家・今道子(1955– )は、魚や果物、靴や帽子といった日常的なモノを素材に、それらを不可思議に組み合わせ、印画紙に焼き付ける独自の発想と手法によって幻想的なイメージを生み出します。精緻な構成と詩的喚起力に富んだ世界観は、第16回木村伊兵衛写真賞(1991年)をはじめ、国内外で高い評価を得てきました。日本の美術館では初の個展となる本展では、鎌倉を拠点に40年にわたり制作を続けてきた作家の軌跡をたどります。

Image: 今道子《シスターバンビ》2017年 作家蔵 ©Kon Michiko, Courtesy of PGI

予  定

鎌倉別館 [ 企画展 ] 2022年2月12日 – 2022年4月17日

山口勝弘展『日記』(1945-1955)に見る

新型コロナウイルス感染拡大状況等により、会期等が変更となる可能性があります。最新情報は当ウェブサイトをご覧ください。

戦後美術の新しい局面を切り拓き、日本のメディアアートの先駆者である山口勝弘(1928–2018)。本展では近年、調査研究を進めてきた山口の日記から見えてくる、終戦後の海外動向の吸収と模索、グループ「実験工房」の結成から「APN(アプン)」などの活動の経緯を、北代省三、福島秀子、大辻清司ら関連作家の作品・資料とともに紹介します。また、山口の初期を代表するシリーズ〈ヴィトリーヌ〉の誕生と展開に迫ります。

Image: 山口勝弘/大辻清司《APN No. 7》1953-54/2002年 当館蔵

ページトップへ