このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

県立機関活用講座 第5回「HU + ANIM (フ・アニム)―ハンガリーで開花したアニメーション文化と現状」講師:板橋晴子氏 (12月20日)

上映予定作品の画像

葉山館では「東欧アニメをめぐる旅 ポーランド・チェコ・クロアチア」展に関連して、「アニメの楽しさ・豊かさ」をテーマに、全5回の連続講演会を開催しています。
第5回は「HU + ANIM (フ・アニム)―ハンガリーで開花したアニメーション文化と現状」というテーマで、ハンガリー・アニメーション研究者でイラストレーターの板橋晴子氏を講師にお迎えします。


第5回:12月20日(土曜) 午後2時~4時
「HU + ANIM (フ・アニム)―ハンガリーで開花したアニメーション文化と現状」

今回はハンガリーのケチケメートフィルムスタジオと、モホイ=ナジ芸術大学からそれぞれ提供していただいた以下のアニメーション作品を特別上映する予定です。

「ハンガリアンフォークテイルズ-怠けもの長者」(2011年)*水彩とデジタルアニメーション
「ショップストーリー」(2011年)*デジタルとパペットアニメーション/日本語字幕付
「レオとフレッド 蚊にさされる」(1984年)*セルアニメーション
「うさぎとシカ」(アヌシー受賞作品)(2013年)*デジタルとパペットアニメーション
「ぼくはシモン」(2010年)*デジタルとCGIアニメーション/日本語字幕付


講師 : 板橋晴子(ハンガリー・アニメーション研究者、イラストレーター<なぽちか はるこ>)
1986年、大阪府生まれ。大阪外国語大学 (現大阪大学外国語学部) ハンガリー語専攻卒業後、ハンガリー政府奨学金によりブダペストのモホイ・ナジ芸術大学に留学、ケチケメート・スタジオでドローイング・アニメーションを学ぶ。「なぽちかはるこ」の名前でイラスト及び切り絵を制作。『ニューエクスプレスハンガリー語』(白水社、2011年)、『イタリア語発音トレーニング』(白水社、2012年)などのイラストを手がける一方、各地でアニメーション上映会を開催。若手アニメーション作家支援プロジェクト「HAG (ハンドメイド・アニメーション・グランプリ)」(2014年)でグランプリ受賞。


会場:神奈川県立近代美術館 葉山 講堂
定員:各回70名
受講料:各回1,000円(1回から5回まで、任意の回数で申込み可能です)
申込方法:次の事項を明記し、Fax、往復はがき、問い合わせフォームのいずれかでお申込みください。
1)受講希望の回(例:第1回と第3回)
2)氏名(ふりがな)
3)郵便番号、住所、電話番号、FAX番号、メールアドレス
4)参加希望人数(同伴者の氏名・ふりがな)

申込先:
〒240-0111 三浦郡葉山町一色2208-1 神奈川県立近代美術館 「県立機関活用講座」係
Fax:046-875-2574 (Fax番号はお間違いのないよう、よくご確認ください)

問い合わせフォームの場合:
下記のリンク先(神奈川県ホームページの「近代美術館への問合せフォーム」)からお申込みください。

お問い合わせ先:神奈川県立近代美術館 葉山
Tel. 046-875-2800(代表)

*受講料は受講日ごとに、会場受付にて現金でお支払いください。
*全5回のうち、4回以上受講された方には修了証を差し上げます。


近代美術館への問合せフォーム

葉山館トップへニュース・イベントへ

↑ページのTopへ