このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

コレクション展「1937――モダニズムの分岐点」スライド・トーク開催(10月29日)

コレクション展「1937――モダニズムの分岐点」関連企画として、1937年に日本で開催された「海外超現実主義作品展」をめぐる海外との交流について、同展を主催した山中散生や瀧口修造が海外のシュルレアリストと交わした書簡について、担当学芸員が解説いたします。


日時:10月29日(日曜) 午後2時ー2時40分(開場:1時45分)
会場:神奈川県立近代美術館 葉山 講堂
*申込不要、参加無料


コレクション展「1937――モダニズムの分岐点」

葉山館トップへニュース・イベントへ

↑ページのTopへ