ホーム   >   コレクション   >   アーカイブ   >   作家資料

作家資料

当館で展覧会を開催してきた作家に関する資料です。蔵書やメモ、ノート、写真など創作の過程や芸術活動に関する記録を含む個人アーカイブが該当します。

おもな個人アーカイブ

久米民十郎旧蔵資料
イギリスで詩人エズラ・パウンドと交流を持ち、ヴォーティシズム(渦巻派)に関与したことから近年再評価が高まっている画家・久米民十郎(1893-1923)の書簡、写真、愛用の品など約40点。

斎藤義重アーカイブ*
戦後日本を代表する美術家・斎藤義重(1904-2001)の資料。2002年に遺族から寄贈された書簡、ノート、写真、マケット、芳名帳、講演録、旧蔵書(洋書・和書・雑誌、リーフレット等約3000点)。

田淵安一旧蔵資料*
1951年に渡仏し、以後フランスを拠点に活動した画家・田淵安一(1921-2009)の旧蔵書約2250冊および書簡、ノート、写真など。

仲田定之助旧蔵資料*
大正期新興美術運動の担い手であり、また戦後は美術評論家として活躍した仲田定之助(1888-1970)の旧蔵書約2700冊および滞欧中の書簡。

堀内正和文庫*
戦後日本の抽象彫刻を代表する彫刻家・堀内正和(1911-2001)の資料。2016年に遺族から寄贈された日記、ノート、書簡ほか、旧蔵書(洋書・和書、雑誌等約4000点)。

*印をつけたもののほか、以下の資料については「特別コレクション」として、葉山館の美術図書室で閲覧いただけます。(要事前申し込み)

山口蓬春文庫・・
日本画家で、戦後を葉山で過ごした山口蓬春(1893-1971)の旧蔵書。
矢代幸雄文庫・・
美術史家の矢代幸雄(1890-1975)の旧蔵書等。
青木文庫・・・
美術史家の青木茂(1932-)の旧蔵書。

利用案内

アーカイブ資料の閲覧・調査をご希望の方は、美術館ウェブサイトの問い合わせフォームよりお問い合わせください。
*本事業は、平成 30 年度文化庁「我が国の現代美術の海外発信事業「我が国の現代美術の戦略的海外発信に向けた関連資料の整理」」の委託をうけています。

ページトップへ