展覧会

展覧会

ホーム   >   展覧会   >   生誕110年 香月泰男展

生誕110年 香月泰男展 FKAZUKI Yasuo : A Retrospective 2021年9月18日(土)から11月14日(日) 神奈川県近代美術館 葉山 The Museum of Modern Art, Hayama

同時開催
コレクション展「内なる風景」詳細を見る

生誕110年 香月泰男展かながわ教育月間

ご観覧には事前予約が必要です。

ご来館にあたりご利用についてのお願いをご確認ください。

企画概要

太平洋戦争とシベリア抑留の体験を描いたシベリア・シリーズで、戦後洋画史に確固たる地位を築いた香月泰男(1911-74)。東京美術学校(現・東京藝術大学)時代から最晩年まで、シベリア・シリーズ全57点を含む各年代の代表作を制作年順に紹介し、香月泰男の画業の全容をたどります。
1931年、香月は東京美術学校に入学し、ファン・ゴッホや梅原龍三郎などの先達にならいながら自身のスタイルを模索しました。従軍とシベリア抑留を経て復員した1947年以降は、折に触れて大陸での体験を主題に制作しましたが、一方で台所の食材や庭の草花など身の回りのモチーフも色彩豊かに描きました。1950年代前半には色彩と形態、材料における試行錯誤を繰り返し、1950年代後半に後期の作品を特徴づける黒色と黄土色の重厚な画風に到達した香月は、その画風で太平洋戦争とシベリア抑留の体験を主題とする作品を描き、「シベリアの画家」としての評価を確立します。
本展では、一大叙事詩として読み取られることの多いシベリア・シリーズを解体し、同時期に制作された他の作品とあわせてご覧いただくことで、画家の創作活動における同シリーズの位置づけを再検証し、香月の芸術の多彩な魅力に迫ります。

 

展覧会の見どころ

1. シベリア・シリーズ全57点を公開します

香月は1943年に満州国へ動員され、戦後はシベリアで抑留生活を送りました。1947年に帰国するまでの戦争体験をもとに描かれた、シベリア・シリーズ全57点が一堂に会します。

2. 東京美術学校時代から最晩年まで、香月泰男の画業の全容をたどります

香月が体験した出来事の順番に紹介されることの多いシベリア・シリーズを含め、代表作と素描などあわせて146点を制作年順に展示します。シベリア・シリーズを同時期に制作された他の作品と並置し、画家が生涯を通じて追求した造形の本質に迫ります。  

開催概要

会場
葉山館 展示室1–3
会期
2021年9月18日(土曜)– 11月14日(日曜)
休館日
月曜(9月20日は除く)
開館時間
午前9時30分 – 午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般1,000円
20歳未満・学生850円
65歳以上500円
高校生100円
*中学生以下と障害者手帳等をお持ちの方(および介助者原則1名)は無料です。*「生誕110年 香月泰男展」の観覧券で、同日に限りコレクション展「内なる風景」をご覧いただけます。*ファミリー・コミュニケーションの日(毎月第1日曜日:10月3日、11月7日)は、18歳未満のお子様連れのご家族は割引料金(65歳以上の方を除く) でご覧いただけます。 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、同日の会話を楽しむ日「オープン・コミュニケーション・デー」は中止いたします。*その他の割引につきましてはお問い合わせください。
主催
監修
企画協力
神奈川県立近代美術館
山口県立美術館、香月泰男美術館
一般社団法人インディペンデント
県立美術館・博物館の割引
県立の美術館・博物館の有料観覧券の半券提示で、観覧料が割引になります(観覧日から6ヶ月以内。葉山館の半券提示でも割引になります)。一部の展示を除き、65歳以上券、高校生券の割引適用はありません。その他の割引は各施設にお問い合わせください。 詳しくは神奈川県のウェブサイト(別ウィンドウが開きます)をご覧ください。
•近代美術館 葉山
 電話:046-875-2800
•近代美術館 鎌倉別館
 電話:0467-22-5000
•金沢文庫
 電話:045-701-9069
•歴史博物館
 電話:045-201-0926
•生命の星・地球博物館
 電話:0465-21-1515
近隣館との相互割引
1)下記の施設の当日観覧券(招待券を除く)・年間入館券(有効期限内)をお持ちの方は、葉山館の企画展観覧料に割引が適用されます(1枚につき1回限り有効。65歳以上券を除く)。また、葉山館の企画展の有料観覧券(65歳以上券、高校生券を除く)の半券提示で、会期中の同日に限り下記の施設に割引料金でご入館いただけます。【当館のコレクション展観覧券には適用されません。】
葉山しおさい公園
 電話:046-876-1140
山口蓬春記念館
 電話:046-875-6094
 
2)下記の施設の観覧券半券(観覧日から6か月以内)・年間パスポート(有効期限内)をお持ちの方は、当館の観覧料に割引が適用されます(1枚につき1回限り有効。65歳以上券を除く)。また、当館の有料観覧券の半券(観覧日から6か月以内)を下記で提示いただくと観覧料に割引料金が適用されます。【当館のコレクション展観覧券にも適用されます。】
茅ヶ崎市美術館
 電話:0467-88-1177
巡回情報[予定]
宮城県美術館(2021年7月3日―9月5日)/ 新潟市美術館(2021年11月27日―2022年1月23日)/ 練馬区立美術館(2022年2月6日―3月27日)/ 足利市立美術館(2022年4月5日―5月29日)

作品紹介

  • 《水鏡》
    1942年 油彩、カンヴァス
    東京国立近代美術館蔵

  • 《雨〈牛〉》
    1947年 油彩、カンヴァス
    山口県立美術館蔵
    *シベリア・シリーズ

  • 《風》
    1948年 油彩、カンヴァス
    東京藝術大学蔵

  • 《電車の中の手》
    1953年 油彩、カンヴァス
    香月泰男美術館蔵

  • 《鷹》
    1958年 油彩、方解末、木炭、カンヴァス
    山口県立美術館蔵
    *シベリア・シリーズ

  • 《洗濯》
    1965年頃 油彩、方解末、木炭、カンヴァス
    香月泰男美術館蔵

  • 《復員〈タラップ〉》
    1967年 油彩、方解末、木炭、カンヴァス
    山口県立美術館蔵
    *シベリア・シリーズ

  • 《〈私の〉地球》
    1968年 油彩、方解末、木炭、カンヴァス
    山口県立美術館蔵
    *シベリア・シリーズ

  • 《青の太陽》
    1969年 油彩、方解末、木炭、カンヴァス
    山口県立美術館蔵
    *シベリア・シリーズ

  • 《公園雪》
    1971年 油彩、方解末、カンヴァス
    島川美術館蔵

  • 《日本海》
    1972年 油彩、方解末、木炭、カンヴァス
    山口県立美術館蔵
    *シベリア・シリーズ

ページトップへ