このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

神奈川県立近代美術館 鎌倉(略称:鎌倉館)の閉館に際しまして

過去のニュースや記者発表資料へのリンクを紹介しています。建物や過去の活動については、「鎌倉館」の各メニューをご覧ください。(2017年4月1日更新)



旧鎌倉館の譲渡について(2016年12月)

旧鎌倉館の神奈川県指定重要文化財指定について(2016年11月)

旧鎌倉館の敷地の通行止めについて(2016年7月)

鎌倉館一般公開の終了にあたって(2016年1月)

鎌倉館一般公開の終了にあたって(2016年1月)

「神奈川県立近代美術館 鎌倉の閉館に際しまして(2015年12月12日)




旧鎌倉館の譲渡について(2016年12月)

神奈川県指定重要文化財「旧神奈川県立近代美術館鎌倉館本館」は、2016年12月22日付で鶴岡八幡宮に無償譲渡されました。

本件に関するお問合せ先:神奈川県教育委員会(生涯学習課) 電話 045-210-8337
神奈川県教育局生涯学習課のウェブサイト(記者発表資料)へ

↑ページのTopへ

旧鎌倉館が神奈川県指定重要文化財に指定されました(2016年11月)

神奈川県文化財保護審議会より県指定重要文化財として指定することが適当との答申があった「旧神奈川県立近代美術館 鎌倉館本館」について、11月8日の教育委員会定例会において指定が決定されました。
  平成28年11月22日付け神奈川県教育委員会告示第11号により、「旧神奈川県立近代美術館鎌倉館本館」が新たに神奈川県指定重要文化財(建造物)に指定されましたので、お知らせします。
  旧鎌倉館(本館:1951年竣工)はル・コルビュジエに学んだ坂倉準三の代表作であり、戦後日本のモダニズム建築として技術的・学術的に高い価値を持つことや、建設時の様相をよく維持しながら使われ、多くの県民に親しまれた歴史的価値などが評価されました。
  ※現在、新館棟、学芸員棟除却工事中のため、敷地への立ち入りはできません。(平家池越しに旧鎌倉館を見ることはできます。)
本件に関するお問合せ先:神奈川県教育委員会(文化遺産課)電話045-210-8359
神奈川県教育局文化遺産課のウェブサイトへ

↑ページのTopへ

旧鎌倉館の敷地の通行止めについて(2016年7月)

旧鎌倉館の敷地は、新館棟・学芸員棟の除却工事のため、次の期間、県道側・参道側ともに北側通路の通り抜けや鎌倉館周辺への立ち入りができません。
ご不便をおかけしますが、ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

期間:平成28(2016)年7月25日~12月下旬(予定) 本件に関するお問合せ先:神奈川県教育委員会 電話045-210-8344
なお、鎌倉別館は7月30日より展覧会を開催します。障害のある方で別館へお車でお越しの方については、事前に鎌倉別館(電話0467-22-5000)へご相談ください。駐車スペースへご案内します。

↑ページのTopへ

鎌倉館は2016年3月31日をもって閉館いたしました(2016年3月)

神奈川県立近代美術館 鎌倉はこれまで御案内のとおり、2016年3月31日をもって閉館いたしました。長い間、御愛顧いただき、ありがとうございました。
鎌倉館は、作業等に伴い関係者以外は建物内への立ち入りはできませんので、御了承ください。
今後、県の美術館活動は、鎌倉別館と葉山館で行っていく予定です。

↑ページのTopへ

鎌倉館一般公開の終了にあたって(2016年1月)

2016年1月31日をもちまして、神奈川県立近代美術館 鎌倉は、65年におよぶ活動に幕を下ろし、一般公開を終了いたしました。2015年度に三期に分けて鎌倉館・鎌倉別館で開催した企画展「鎌倉からはじまった。1951‐2016」は、多くの方々にご覧いただくことができました。今後、鎌倉館は引越作業に取り掛かり、将来に向けて、葉山館、鎌倉別館は活動を継続し、二館体制でのさらなる展開を目指す所存です。
  長年にわたる愛情あふれるご理解、ご支援、まことにありがとうございました。
2016年1月31日
神奈川県立近代美術館長  水沢 勉

↑ページのTopへ

「神奈川県立近代美術館 鎌倉の閉館に際しまして(2015年12月)

平素より神奈川県立近代美術館の活動にご理解・ご協力賜りまして、まことにありがとうございます。
現在開催中の展覧会「鎌倉からはじまった。1951-2016 PART3:1951-1965『鎌倉近代美術館』誕生」の終了にともない鎌倉館が一般公開を終える件に関しまして、お寄せいただいているご質問に対し、下記の通りご説明させていただきます。

・鎌倉館閉館の経緯について
鎌倉館(旧館・新館)は老朽化が顕著になっており、また、国史跡に指定された鶴岡八幡宮境内では史跡にそぐうもの以外の現状変更が認められず、美術館として改修することは困難であるため、2016年3月末で美術館としての活動は終了することとしております。

・今後の鎌倉館について
神奈川県立近代美術館が鎌倉館にて開催する展覧会は2016年1月31日(日曜)までとなっており、その日をもちまして一般公開は終了となります。その後の美術館活動は、鎌倉別館と葉山館の二館体制で行っていく予定です。

・建物について
旧館棟については、現時点では鶴岡八幡宮に引き継ぐ方向で調整しております。また、別棟(附属屋)と、耐震に問題があるため2007年より展示のための使用を中止している新館棟(第3展示室)は取り壊す方向で検討しています。

・収蔵品について
鎌倉館の収蔵品(現在鎌倉館の敷地内にある屋外彫刻など)に関しましては、鎌倉別館と葉山館で保存・管理し、両館での展示や他館への貸出などに活用いたします。

2015年12月
神奈川県立近代美術館




↑ページのTopへ