このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

次回の展覧会

国立民族学博物館コレクション
貝の道

2018年6月23日~2018年9月2日

国立民族学博物館のコレクションから、世界中のさまざまな民族によって作られた貝細工約160点を、美術館の空間で展示します。本来、博物資料とされる貝細工の、豊かで独自な造形的な面白さを発見しながら、それぞれの貝細工が生み出された社会・生活文化を理解し、私たち人間と貝とがどのような関係を育んできたのかを問い直します。葉山の海に面した当館ならではの関連プログラムも計画しています。

彫像 イベジ(ヨルバ民族、ナイジェリア連邦共和国) 1979年収集 国立民族学博物館蔵

彫像 イベジ(ヨルバ民族、ナイジェリア連邦共和国) 1979年収集 国立民族学博物館蔵

(同時開催)展示室1
コレクション展 絵ってとまっているのかな?

「平らな面」の上に、線が引かれて形をつくり、色が塗られて壁にとまっている「もの」。アニメーションや動画とちがって、「絵画」や「写真」は動かないものと思っていませんか。色と色の響きあい、描かれた形の立体感、迫力ある自然描写などによって、絵は見る人の眼のなかで生き生きと動き出します。大人から子供まで楽しめる、静かなエネルギーがみなぎる作品たちが夏の展示室で待っています。

 

↑ページのTopへ