このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

次回の展覧会

生誕160年
マックス・クリンガー版画展

2017年9月16日~2017年11月5日

19世紀から20世紀の転換期にドイツで活躍した彫刻家・画家・版画家のマックス・クリンガー(1857-1920)。細密な写実性と幻想性をあわせ持ち、シュルレアリスムの先駆けともされる版画連作を生涯で14組制作し、音楽に用いる作品番号(Opus)を付けています。『イヴと未来,作品Ⅲ』『間奏曲,作品Ⅳ』『手袋,作品Ⅵ』『ある愛,作品Ⅹ』を所蔵する当館で、その生誕160年を記念する版画展を開催します。

《場所》(『手袋, 作品VI』1)1881年 エッチング、アクアティント

《場所》(『手袋, 作品VI』1)1881年 エッチング、アクアティント

 

【同時開催:展示室3】
コレクション展
1937-モダニズムの分岐点

2017年9月16日~2017年11月5日

大陸での戦争が本格化し、日本が軍国主義体制へ急速に傾いた1937(昭和12)年は、国内外の前衛美術にとって分岐点となる年でした。1937年前後に描かれた麻生三郎、村井正誠、吉原治良らの作品と共に、日本で開かれた「海外超現実主義作品展」やグラフ雑誌『ソヴィエト連邦建設』などを取り上げ紹介します。

↑ページのTopへ