このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

次回の展覧会

陽光礼讃
谷川晃一・宮迫千鶴展

2016年10月22日~2017年1月15日

1960年代から画家として、また美術評論家としても活躍している谷川晃一(1938- )と、妻で画家、またエッセイストとして知られる宮迫千鶴(1947-2008)による二人展。 伊豆高原のアトリエでの日々の暮らしや自然へのまなざし、ネイティブな文化への憧れなどをテーマにした、明るい色彩に満ちた絵画やオブジェ等、これまでの作品から選りすぐりのものや、谷川晃一による最新作まで、葉山館という海に面した陽光あふれる場所で紹介します。

谷川晃一《雑木林の生命》2015年 作家蔵

谷川晃一《雑木林の生命》2015年 作家蔵

開館時間:午前9時30分―午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(1/9は開館) 、12月29日―1月3日

観覧料:
一般1,200円(団体1,100円)
20歳未満・学生1,050円(団体950円)
65歳以上600円
高校生100円
・( )内は20名以上の団体料金

 

↑ページのTopへ