このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

年間スケジュール展覧会へ

葉山館

原田直次郎 《騎龍観音》 1890年 護国寺蔵(重要文化財)

2016年4月8日~2016年5月15日

近代洋画・もうひとつの正統 原田直次郎展
(同時開催・第1展示室)コレクション展1:明治の美術

ミュンヘンで交友した森鴎外の小説「うたかたの記」のモデルでもある画家・原田直次郎(1863-1899)の107年ぶりの回顧展。重要文化財《靴屋の親爺》《騎龍観音》をはじめ、師や友、弟子の仕事を交えて概観します。

黒田清輝《逗子五景》(部分)1898年頃 当館蔵

2016年4月8日~2016年5月15日

コレクション展1:明治の美術
(同時開催)原田直次郎展

原田直次郎展に関連して、原田と同時期に生きた画家たちの作品を展示。高橋由一らに大きな影響を与えたワーグマンをはじめ本多錦吉郎や中村不折など当館所蔵作品と、神奈川県立歴史博物館での回顧展が昨年話題となった五姓田義松などを展覧します。

クエイ兄弟『ストリート・オブ・クロコダイル』より《仕立て屋の店内》 1986年
photo© Robert Barker

2016年7月23日~2016年10月10日

クエイ兄弟
―ファントム・ミュージアム―

双子のクエイ兄弟(1947- )は、1979年以降コラージュ、ストップ・モーション、実写、特殊効果を組み合わせたアニメーション、長編映画、ミュージック・ビデオなど70点以上の動画作品を制作。また、オペラ、演劇、コンサートの舞台装置やプロジェクション、ギャラリーや美術館のためのインスタレーションもデザインしてきました。クエイ兄弟の世界を本格的に紹介する展覧会です。

谷川晃一《雑木林の生命》2015年 作家蔵

2016年10月22日~2017年1月15日

陽光礼讃 谷川晃一・宮迫千鶴展
(同時開催)コレクション展2:光、この場所で/特集展示:坂倉新平

画家・美術評論家として活躍する谷川晃一(1938- )と、妻で画家・エッセイストの宮迫千鶴(1947-2008)による二人展。明るい色彩に満ちた絵画やオブジェと、谷川の最新作を紹介します。
同時開催の「コレクション展2:光、この場所で」では、光をテーマに1960年代以降の絵画・彫刻から所蔵作品を紹介。また坂倉新平(1934-2004)の絵画を特集展示します。

坂倉新平《Viva, シャンパン(緑)》 2003年 当館蔵

2016年10月22日~2017年1月15日

コレクション展2:光、この場所で 特集展示:坂倉新平
(同時開催)陽光礼讃展

絵画・彫刻コレクションから、光をテーマに、李禹煥、高松次郎、松本陽子、小川待子、宮脇愛子、田淵安一、木村忠太、青山義雄、川端実、猪熊弦一郎等、1960年代以降の作品を展示。 一色海岸に面した展示室では、窓の覆いをあけて坂倉新平(1934-2004)の作品を特集展示します。 降り注ぐ秋から冬への光に感応する作品たちの姿をお楽しみいただきます。

金山康喜《静物[コーヒーポットのある静物]》1954年 当館蔵

2017年1月28日~2017年3月26日

1950年代の日本美術―戦後の出発点
[同時開催]コレクション展3 反映の宇宙 特集:上田 薫

1952年4月から独立国として歩み始めた日本。 浜田知明、山下菊二、「実験工房」、金山康喜や野見山暁治らの作品を展観し、戦争の傷のまだいえぬ中にあって、新たな芸術を生み出そうとした1950年代の美術家たちの動向を、現代の眼で見つめ直します。 同時開催の「コレクション展3」では長谷川潔、浜口陽三などの版画を中心に写実的な描写の中に射し込まれた「反映」のイメージをたどります。特集展示として1970年代に独自のリアリズムを確立し反射する光や色彩そのものをカンヴァスに写しとる上田薫(1928- )の作品を紹介します。

鎌倉館

鎌倉館 南側外観 2015年

2016年4月1日~2017年3月31日

鎌倉館は2016年3月31日をもって閉館いたしました
 

神奈川県立近代美術館 鎌倉はこれまで御案内のとおり、2016年3月31日をもって閉館いたしました。長い間、御愛顧いただき、ありがとうございました。
鎌倉館は、作業等に伴い関係者以外は建物内への立ち入りはできませんので、御了承ください。
今後、県の美術館活動は、鎌倉別館と葉山館で行っていく予定です。

鎌倉別館

 

2016年2月1日~2016年7月29日

鎌倉別館は、作業のため2016年2月1日(月曜)から7月29日(金曜)まで休館します
 

 

片岡球子《面構 葛飾北斎》 1971年 当館蔵

2016年7月30日~2016年9月25日

片岡球子展
面構シリーズを中心として

2008年に103歳で没した日本画家片岡球子(1905-2008)。今も絶大なる人気を誇るその作品を、当館所蔵品の中から厳選して紹介します。 戦後の傑作《幻想》、《海(鳴門)》、《浅間山》を経て、歴史上の人物を描いた面構シリーズから《面構 足利尊氏》、《面構 足利義満》、《面構 足利義政》、《面構 葛飾北斎》など約20点の展観を通して、片岡芸術の現代的な魅力に迫ります。

松本竣介《建物》1935年 当館蔵

2016年10月8日~2016年12月25日

松本竣介 創造の原点
 

日本の近代美術を代表する画家のひとり、松本竣介(1912-1948)。 戦前にはじまる創作の初期においてはエコール・ド・パリに憧れ、ルオー、モディリアーニ、グロッス、藤田嗣治らの作品に傾倒しました。 本展では、それらの作品から竣介が吸収したもの、そして、それをどのように自らの表現として展開させていったかを検証し、松本竣介の創造の原点を探ります。

鎌倉別館外観 撮影:木奥惠三

2016年12月26日~2017年3月31日

鎌倉別館は、作業のため2016年12月26日(月曜)から2017年3月31日(金曜)まで休館します
 

 

過去の展覧会

↑ページのTopへ