このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

磯崎新氏 講演会

山口勝弘展関連企画
連続講演会「戦後の日本における芸術とテクノロジー」

第3回
「ターニングポイント:空間から環境へ・万博・ポストモダン」

 鎌倉館で開催中の「メディア・アートの先駆者 山口勝弘展」に関連して日本のアートとテクノロジーの関係を検証する連続講演会。第3回は、建築家の磯崎新氏にお話を伺います。
 磯崎・山口両氏をはじめ美術・建築・デザイン・音楽・写真など諸領域のクリエイターが立ち上げた「エンバイラメントの会」が1966年に東京・銀座の松屋デパートで開催した展覧会「空間から環境へ」は、1970年の万国博覧会の開催をまえに、日本の造形活動の中で「環境」というテーマが高まっていた60年代後半の重要な動向として知られています。70年万博再考の動きも盛んな現在、第一線からの証言を伺う貴重な機会に、ぜひご参加ください。

日時:3月5日(日) 15時〜17時
*他の連続講演会と時間が異なります。

会場:葉山館 講堂
定員:70名

受講料:1000円

申し込み:
往復はがき、またはファクスに以下を明記してお申込みください。
(1)受講希望の回数
(2)氏名(ふりがな)
(3)郵便番号・住所
(4)電話番号・ファクス番号

〆切り・2月27日[月]
*応募多数の場合は抽選となります。

申し込み先:
〒240-0111
神奈川県三浦郡葉山町一色2208−1 
神奈川県立近代美術館 管理課 
「県立機関活用講座」係
(FAX 046-875-2574)

受講料支払い方法:
会場受付にて現金でお支払いください。


葉山館トップへニュース・イベントへ

↑ページのTopへ