このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

1月5日まで上映中 「戦艦ポチョムキン」監督:セルゲイ・エイゼンシテイン (入場無料)

アレクサンドル・ロトチェンコ 《戦艦ポチョムキン》 1925/26年、リトグラフ・紙  Ruki Matsumoto Collection Board

「松本瑠樹コレクション ユートピアを求めて ポスターに見るロシア・アヴァンギャルドとソヴィエト・モダニズム」展の会期中、本展に出品されているポスターに関連して、エイゼンシテインとドヴジェンコによる映画を、下記の日程とプログラムで特別上映しています(入場無料、観覧券なしでご覧いただけます)。
1月5日までは「戦艦ポチョムキン」を上映中です。


「戦艦ポチョムキン」
第1次ロシア革命20周年記念として製作された1925年のサイレント映画で、エイゼンシテインがモンタージュ手法を確立した作品としても知られています。中でも「映画史上最も有名な6分間」といわれ、銃撃された母親の手を離れた乳母車が階段を落ちていく「オデッサの階段」のシーンが有名で、ブライアン・デ・パルマ、ウディ・アレン、テリー・ギリアムら多くの映画監督がこのシーンを引用しています。画家フランシス・ベーコンも、この映画をもとにした《映画『戦艦ポチョムキン』の中の保母のための習作》などを描いています。「ユートピアを求めて」展ではこの映画のポスターを4種類(ロトチェンコ2点、ラヴィーンスキー1点、ステンベルク兄弟1点)展示しています。


2014年1月5日まで上映中 (休館日:12月23日を除く月曜と12月29日~1月3日)
「戦艦ポチョムキン」
監督:セルゲイ・エイゼンシテイン
音楽:ドミートリー・ショスタコーヴィチ(後補)
1925年 ソヴィエト連邦 74分(サイレント、音楽付き)


2014年1月7日~1月26日(休館日:1月13日を除く月曜)
「大地」
監督:アレクサンドル・ドヴジェンコ
1930年 ソヴィエト連邦 87分(サイレント、音楽付き)


上映時間:各日 午前10時30分~、午後1時~、午後3時~ (1日3回、休館日を除く)
会場:神奈川県立近代美術館 葉山 第4展示室
*入場無料
*いずれも著作権承認を受けたDVDによる上映


「ユートピアを求めて」展詳細

葉山館トップへニュース・イベントへ

↑ページのTopへ