このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

県立機関活用講座 第2回「立体(人形)アニメーションの考え方」(11月1日)

葉山館で開催中の「東欧アニメをめぐる旅 ポーランド・チェコ・クロアチア」展に関連して、「アニメの楽しさ・豊かさ」をテーマに、全5回の連続講演会を開催します。

第2回は「立体(人形)アニメーションの考え方」というテーマで、アニメーション作家で女子美術大学准教授の村田朋泰氏を講師にお迎えします。
今回の講演では、2009年の第13回文化庁メディア芸術祭/審査委員会推薦作品《家族デッキ》の中で実際に使われた床屋さんのセットをお見せしながら、どのようにして作品を撮影したかを解説いただく予定です。
定員に空きがございますので、ぜひご参加ください。


第2回:11月1日(土曜) 午後2時~4時
「立体(人形)アニメーションの考え方」

講師:村田朋泰(アニメーション作家、女子美術大学准教授)

1974年、東京都生まれ。東京芸術大学大学院デザイン科専攻伝達造形修了。チェコの人形アニメーションに影響を受け、在学中に短編『睡蓮の人』(2000年)を制作。同作が第5回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門の優秀作を受賞。2002年に有限会社TOMOYASU MURATA COMPANY. を設立。代表作に『朱の路』(2002年)をはじめとする「路」シリーズや「森のレシオ」シリーズ(2009年- )がある。目黒区美術館(2006年)、平塚市美術館(2008年)で個展を開催する他、グループ展にも多数参加。CMやミュージシャンのPV制作も手掛け、絵画や漫画等多方面で活躍している。



会場:神奈川県立近代美術館 葉山 講堂
定員:各回70名
受講料:各回1,000円(第1回から第5回まで、任意の回数で申込み可能です)
申込方法:次の事項を明記し、Fax、往復はがき、問い合わせフォームのいずれかでお申込みください。
1)受講希望の回(例:第1回と第3回)
2)氏名(ふりがな)
3)郵便番号、住所、電話番号、FAX番号、メールアドレス
4)参加希望人数(同伴者の氏名・ふりがな)

申込先:
〒240-0111 三浦郡葉山町一色2208-1 神奈川県立近代美術館 「県立機関活用講座」係
Fax:046-875-2574 (Fax番号はお間違いのないよう、よくご確認ください)

問い合わせフォームの場合:
下記のリンク先(神奈川県ホームページの「問い合わせフォーム」)からお申込みください。

お問い合わせ先:神奈川県立近代美術館 葉山
Tel. 046-875-2800(代表)

*受講料は受講日ごとに、会場受付にて現金でお支払いください。
*全5回のうち、4回以上受講された方には修了証を差し上げます。


「近代美術館への問合せ」フォーム

葉山館トップへニュース・イベントへ

↑ページのTopへ