このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

連続講演会「神奈川の近代建築」第2回 講師:藤原徹平氏(9月9日)

藤原徹平先生

毎年ひとつのテーマをたて、全5回で専門家の方々のお話を伺う連続講演会。2017年度は、鎌倉別館で開催中の「建築家・大高正人と鎌倉別館」展に関連して、神奈川の近現代建築に焦点をあてて多彩な講師をお迎えします。

大変充実した8月26日の第1回に続き、9月9日(土曜)の第2回は、建築家の藤原徹平(ふじわら・てっぺい)氏を講師にお迎えします。

大高正人が土方定一らと立ち上げ、会場構成を長年手がけた山口県宇部市の野外彫刻展(現・UBEビエンナーレ)に、現在審査員・展示委員として携わる藤原さん。現在開催中の横浜トリエンナーレなど、近年、各地でアートフェスティバルや建築展の会場構成を担当していらっしゃいます。美術と建築をつなぐ環境についてお話しいただきます。

なお、9月9日は講演会に先立ち、10時から13時まで、休館中の鎌倉別館の展示室を無料公開いたします。また、12時30分より13時まで、鎌倉歴史文化交流館のご協力により、同館で建物解説のギャラリートークがございます。
講演会とあわせて、ぜひご参加ください。
〔鎌倉市鎌倉歴史文化交流館(外部ページ)〕
https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/rekibun/koryukan.html

講師プロフィール:
1975年横浜生まれ。横浜国立大学大学院修了。2001年より隈研吾建築都市設計事務所勤務、同事務所設計室長を経て2012年退社。フジワラテッペイアーキテクツラボ主宰。横浜国立大学大学院Y-GSA准教授。UBEビエンナーレ審査員・展示委員。「キュッパのびじゅつかん」「ヨコハマトリエンナーレ2017」「Reborn-Art Festival 2017」など展覧会の会場構成にも多く関わる。

--------------------------------------------------------------
第2回 9月9日(土曜)
「庭園と建築とアートがつくる有機的な環境」(仮題)
講師:藤原徹平氏(建築家、横浜国立大学大学院准教授)

時間:午後1時30分~3時30分
定員:先着120名(要申込)
会場:鎌倉商工会議所会館 地下ホール
   [住所:鎌倉市御成町17-29] 鎌倉駅西口より徒歩5分
受講料:各回1,000円(任意の回数で申込み可能)
申込方法:次の事項を明記し、Faxまたは神奈川県サイト内の「近代美術館への問合せ」フォームからお申し込みください。葉山館・鎌倉別館の受付でも申込用紙をご記入・ご提出いただけます。

1)企画名・開催日 2)氏名〔ふりがな〕 3)郵便番号、住所、電話番号、fax番号、メールアドレス 4)参加希望人数〔同伴者の氏名、ふりがな〕

申込先:神奈川県立近代美術館 管理課 「県立社会教育施設公開講座」係
Fax. 046-875-2574
(Fax送信の際は、番号をお間違いないよう、よくご確認ください)
問合せフォーム:https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/dform.do?acs=moma

*受講料は受講日ごとに、会場受付にて現金でお支払いください。
*全5回のうち、4回以上受講された方には修了証を差し上げます。

--------------------------------
第3~5回の概要は以下の通りです。

第3回 10月28日(土)
「鎌倉近代の建築 鎌倉宮から県立近代美術館鎌倉別館まで」
講師:吉田鋼市氏(横浜国立大学名誉教授)

第4回 11月4日(土)
「湘南の別荘建築」
講師:藤森照信氏(建築史家、建築家、東京都江戸東京博物館長)

第5回 11月25日(土)
「震災・敗戦からの復興と近代建築」
講師:木下直之氏(東京大学教授、静岡県立美術館長)


問い合わせフォームへ

ニュース・イベントへ

↑ページのTopへ