このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

Home > コレクション > コレクション検索

斎藤義重   さいとう ぎじゅう (よししげ) (1904-2001)

image

1957  油絵具、合板

145.0×112.5

これは第4回日本国際美術展K氏賞を受賞し、斎藤が戦後再出発を果たすきっかけとなった作品である。斎藤は、「鬼は煮詰められて、乾燥され、悪魔祓いをして抜け殻になった骸がならべられ、そして、下部のほうは裏返しておきました。だから鬼はもういないかもしれません」と語り、鬼の直接的な表現であることを否定している。しかし、赤と白を基調とした画面には、鬼をめぐる様々なイメージが写し込まれている。

凡例

■作品名

制作年 技法

寸法

[寸法の見方について]

洋画、日本画、写真の場合:寸法(縦・高さ)cm×寸法(横・幅)cm

彫刻、工芸の場合:寸法(縦・高さ)cm×寸法(横・幅)cm×寸法(厚み・奥行)cm

版画の場合(イメージ寸):寸法(縦・高さ)cm×寸法(横)cm

戻る コレクション検索へ

↑ページのTopへ