作品・資料詳細

面構 等持院殿

項 目 内 容
作家名 片岡球子
作家名(よみ) かたおか たまこ
生没年 1905-2008
作品名 面構 等持院殿
制作年 1967
材質・技法 顔料、合成樹脂、カンヴァス
寸法 162.0×130.0
No. KATTAM1ZZ0008
解説 片岡球子は、1966(昭和41)年に、《面構 足利尊氏》を描き、「面構」シリーズをスタートさせた。翌年、同じ足利尊氏をモデルに描いたのが、この《面構 等持院殿》である。等持院殿というのは、足利尊氏の法名である。片岡球子は、京都の等持院に行き、その霊光殿に安置された足利一族の木像を見て感激し、この肖像を描こうと決めた。それは、木像を似せて描くというのではなく、そこから着想を得た作者の主観による歴史的人物像であった。それが、「面構」と呼ばれているものであり、歴史的資料を渉猟しながら、片岡球子自身がモデルの内面性を重んじて作り上げていったのが、この作品であった。作者が小学校で教わった逆賊としてのイメージとは異なり、木像の足利尊氏は、恵比寿様のような福顔だったという。そして、《面構 等持院殿》は、第1作以上に度量の深い、ゆったりとした人物として描かれている。
分類 美術作品

[寸法の見方について]

洋画、日本画、写真の場合:寸法(縦・高さ)cm×寸法(横・幅)cm

彫刻、工芸の場合:寸法(縦・高さ)cm×寸法(横・幅)cm×寸法(厚み・奥行)cm

版画の場合(イメージ寸):寸法(縦・高さ)cm×寸法(横)cm