ホーム   >   コレクション   >   屋外作品

 

屋外作品

屋外作品

開館まもない1950年代から現代彫刻の展覧会に力を入れ、各地の彫刻ビエンナーレでの授賞作品を買上げてきた成果として、当館では3つの建物の内外にさまざまな彫刻が常設されてきました。また、旧鎌倉館で親しまれてきた彫刻と喫茶室の壁画は、2016年に葉山館に移設されました。敷地内でご覧いただける作品をご紹介します。

葉山館

2003年の開館以来、一部作品の入れ替えや追加を経て、2016年に旧鎌倉館から移設された9点が加わり、現在は彫刻17点が庭園に、壁画2点が建物内に常設されています。葉山館のイラストマップ「彫刻はどこにいるの?」(館内無料配布)と一緒に、一色海岸に臨んだ庭園を散策しながら野外彫刻をお楽しみください。

*2016年度発行。2019年設置の小田襄《円柱の展開》は掲載されていません。

  • イサム・ノグチ《こけし》1951年

    イサム・ノグチ
    《こけし》
    1951年

  • 木村賢太郎《作品-55》1961年

    木村賢太郎
    《作品-55》
    1961年

  • 中島幹夫《軌 09》1966年頃

    中島幹夫
    《軌 09》
    1966年頃

  • 山口牧生《棒状の石あるいはCosmic Nucleus》1976年

    山口牧生
    《棒状の石あるいはCosmic Nucleus》
    1976年

  • 清水九兵衛《BELT》1978年

    清水九兵衛
    《BELT》
    1978年

  • 空充秋《揺藻(ゆれも)》1985年

    空充秋
    《揺藻(ゆれも)》
    1985年

  • 西雅秋《イノセンス-火》1991年

    西雅秋
    《イノセンス-火》
    1991年

  • アントニー・ゴームリー《Insider 7》 1998年

    アントニー・ゴームリー
    《Insider Ⅶ》
    1998年

  • 《石人》1966年

    《石人》
    1966年
    (オリジナルは、6世紀前半の扁平石人、岩戸山古墳出土、大分県日田市設置)

  • 柳原義達《裸婦 座る》1958年

    柳原義達
    《裸婦 座る》
    1958年

  • 富樫一《ハーモニー2》1972年

    富樫一
    《ハーモニーⅡ》
    1972年

  • 若林奮《地表面の耐久性について》1975年

    若林奮
    《地表面の耐久性について》
    1975年

  • 李禹煥《項》1985年

    李禹煥
    《項》
    1985年

  • 保田春彦《地平の墓舎》1993年

    保田春彦
    《地平の墓舎》
    1993年

  • ホセイン・ゴルバ《愛の泉》(部分)1993-7年、2004年 鋳造

    ホセイン・ゴルバ
    《愛の泉》(部分)
    1993-7年、2004年 鋳造

  • 眞板雅文《天地の恵み》2003年

    眞板雅文
    《天地の恵み》
    2003年

  • 西雅秋《大地の雌型より》2003-5年

    西雅秋
    《大地の雌型より》
    2003-5年

  • 鈴木昭男《「点音」プレート・葉山(神奈川県立近代美術館 葉山)》(3点組のうち)2012年

    鈴木昭男
    《点音(おとだて)プレート・葉山(神奈川県立近代美術館 葉山)》(3点組のうち)2012年

  • 小田襄《円柱の展開》1983年

    小田襄
    《円柱の展開》
    1983年

  • 田中岑《女の一生》1957年

    田中岑
    《女の一生》
    1957年
    ※講堂前ホワイエに展示

  • 長谷川路可《名誉と繁栄と祝福の象徴》1961年

    長谷川路可
    《名誉と繁栄と祝福の象徴》
    1961年
    ※第3展示ロビーに展示(入場には観覧券が必要です)

鎌倉別館

2016年撮影鎌倉別館中庭

1984年の開館以来、建物の入口正面に立つ柳原義達《犬の唄》(1983年)をはじめとする数多くの現代彫刻を屋外に展示して紹介してきた鎌倉別館。ただいま改修工事のため休館中です。2019年秋のリニューアルオープンにご期待ください。

ページトップへ