ハンス・アルプ展 20世紀彫刻の開拓者
  1886年にシュトラースブルク(ストラスブール)で生まれたハンス(ジャン)・アルプ(1886-1966)は、20世紀前半の近代美術におけるもっとも革新的な芸術家のひとりです。アルプは1916年にダダイズムの創始にかかわり、国際的なアヴァンギャルド運動と共に歩みました。
アルプはさまざまな身近なものから―「へそ」や「口髭」といった人体の一部、「帽子」といった日用品、「葉」といった自然物から―彼独自の有機的なかたち、いわゆる「オブジェ言語」を抽出し、それを造形作品に応用しました。それらの配置や構成は、さらに偶然性も交えて探求されました。その後、アルプの有機的な丸みを帯びた彫刻には、稜線や切断面が現れますが、それは戦後の金属の厚い板をくり抜いた作品へと展開します。
  今回の展覧会は、アルプ美術館(バーンホフ・ローランズエック)との共同企画として、日本におけるハンス・アルプの本格的な個展としては、およそ20年ぶりに開催されるものです。約80点の彫刻とレリーフを含む150点余りの作品を、以下の8つのテーマを立てて展示し、アルプの創作の全体像を明らかにします。

 T.人物像の描写について
 U.幾何学的観点と左右対称の見方
 V.おとぎ話の世界
 W.芸術形式としての書く行為
 X.アルプのオブジェ言語
 Y.メタモルフォーゼという考えの重要性について
 Z.配置と構成:並べ方の原理
 [.造形原理としての偶然
ハンス・アルプ 《鳥の仮面》
1918年頃 墨、鉛筆、紙 アルプ美術館蔵
©BILD-KUNST,Bonn & APG-Japan / AAA, Tokyo, 2004
©Photo by Nic Tenwiggenhorn
関連プログラム
特別講演会   ライムント・シュテッカー博士(アルプ美術館館長)による講演会
   日時■  2005年1月16日 (日) 午後2時から4時
   会場■  葉山館講堂にて
   定員■  70名  当日先着順(予約なし)  講演会参加は無料
 
同時開催 矢代幸雄資料展 第4展示室にて
若くして英文による大著『サンドロ・ボッティチェルリ』(1925)を刊行し、西洋の美術史家から高く評価された日本を代表する美術史家矢代幸雄(1890-1975)。その人生を賭して世界のなかに日本美術を位置づけようとした情熱的な試みを、寄贈・寄託を受けた主要な資料・作品など約100点を通して、浮かび上がらせようとする展覧会。
戻る閉じる
All right reserved, copyright (C) The Museum of Modern Art, Kamakura & Hayama 2005