パウラ・モーダーゾーン=ベッカー 神奈川県立近代美術館 葉山
パウラ・モーダーゾーン=ベッカーとは
パウラ・モーダーゾーン=ベッカー(1876-1907年)は、19世紀から20世紀に移ろうという時代に生きたドイツの女性画家です。ちょうど、パブロ・ピカソ(1881-1973年)が新しい世界へとその扉を押し開きつつある頃、そして、オーギュスト・ロダン(1840-1917年)が近代彫刻の巨匠として、遠く極東の日本でも熱烈な共感者を見出していた頃に同時代の空気を呼吸した画家です。まさに20世紀美術の最初の一歩が印されようという時に、ドイツでその可能性を示した画家のひとりであったのです。とはいえ、僅か31歳で、最初の子どもマティルデ(ティレ)を産んで、ほぼ3週間後に塞栓症のために没しています。
 
《パリの家並を展望する家の前の自画像》1900年
個人蔵(パウラ・モーダーゾーン=ベッカー財団寄託)
儚くも美しき祝祭
夭折のために、パウラ・モーダーゾーン=ベッカーは、あまり多くの人に知られることなく世を去りました。生前売ることのできた作品は、数点のみであったと言われています。そのうちの一点、本展に出品されている《乳飲み子と母の手》(1903年頃)は、画家の友人のひとり、詩人ライナー・マリア・リルケ(1875-1926年)が画家から直接購入しています。リルケは、パウラの死に衝撃を受け、没後一年目に追悼の長編詩「ある女友だちのための鎮魂歌」(1908年)をパリで執筆し、その思い出に捧げました。死後、徐々に画家の評価は、ドイツ国内で高まります。日記や書簡が出版されたことも、この画家の美術だけでない、文化一般への旺盛な好奇心と生き生きとした感受性を多くの人に印象づけたのです。パウラ・モーダーゾーン=ベッカーは、けっして病弱で、内向的な人ではありませんでした。むしろ、テニスをし、夏には、裸になって水浴びをし、体操をし、ギターを弾く、快活な人であったのです。しかし、リルケと出会ってすぐにお互いに深く共感し得たように、「死」について想いをひそめる沈思の人でもあったのです。1900年7月26日の日記には、自分の「死」を予感してつぎのように書いています。「私は、自分がそれほど長生きしないことを知っている。しかし、それは哀しむべきことであろうか。祝祭は長ければ、それだけ美しいものであろうか。私の人生は、ひとつの祝祭、儚くも、充実した祝祭なのだ。」今回の展覧会の副題は、引用した最後の部分の言葉を少し変えたものです。今回の展覧会を観ることで、この画家の短い生涯が、いかに充実したものであったかを多くの方々に感じてもらえるのではないでしょうか。
 
《乳飲み子と母の手》1903年頃
クンストハレ・ブレーメン
《観葉植物と卵立てのある静物》1905年頃
個人蔵(ベットヒャーシュトラーセ美術コレクション/
パウラ・モーダーゾーン=ベッカー美術館寄託)
《白樺林で猫を抱く少女》1904年頃
ベットヒャーシュトラーセ美術コレクション/
パウラ・モーダーゾーン=ベッカー美術館
ヴォルプスヴェーデとは
ドレスデンに生まれ、ブレーメンに育ったパウラ・モーダーゾーン=ベッカーは、両親の理解に支えられ、当時の女性が美術教育を受けることの多くの障害を乗り越え、ロンドン、ブレーメン、ベルリンで画家としての基礎訓練を受けます。そして1898年からは、ブレーメンの北東20キロほどにある小さな村ヴォルプスヴェーデに親元を離れて移住し、画家フリッツ・マッケンゼンの指導を受けることになります。当時、マッケンゼン、のちにパウラの夫となるオットー・モーダーゾーン、ハンス・アム・エンデ、フリッツ・オーヴァーベック、ハインリヒ・フォーゲラーらの画家たちは、泥炭を掘り、つましい暮らしを送る北ドイツのこの村に集い、芸術家コロニーの建設を夢見ていたのです。パウラも、たんに画家としての修練を目的としていたのではなく、その精神的な共同体に参加することにも心惹かれていました。またその気持ちは、リルケや、のちに彼の妻となるクララ・ヴェストホフにおいても変わりありませんでした。パウラは、まずは大型のデッサンで、ヴォルプスヴェーデの農家の人々を描きます。すでにそれらの初期のデッサンには、パウラの人間観察の鋭さを窺うことができます。やがて、風景と組み合わされた、村の少女たちや老人たちの描写へと深まっていきます。パウラを育てたのは、ヴォルプスヴェーデの芸術家コロニーが醸しだす精神風土とその土地に暮らすひとびととその環境であったことは疑えません。
パリとヴォルプスヴェーデ
1899年、ブレーメンでパウラは作品を発表します。しかし、待ち構えていたのは、保守的な批評家による徹底した否定的評価でした。ハンザ同盟都市ブレーメンは、進取の精神に富んだ開放性と同時に、地方性と反動性もその一面で備えていたのです。逃れるようにパウラは、1900年に初めてパリを訪れます。折しもパリ万博の年のことでした。その後パウラは、繰り返しパリを訪れます。そこで、セザンヌ、ファン・ゴッホ、ゴーギャンらの作品に瞠目し、ナビ派の画家たちに共感し、ロダンに面会し、日本美術やエジプト美術などの非ヨーロッパの芸術の素晴らしさにも開眼します。一気に画家は、モダニズムの渦中に飛び込むことになったのです。好んで描かれた静物画にみられるように、色彩は大胆に平面化され、造形の自律した秩序が追求されます。とはいえ、画家のパリとヴォルプスヴェーデとの往還は途切れることはありませんでした。パリで吸収したものが、ヴォルプスヴェーデのモチーフに活かされ、逆に、そこで確認したものに基づいて、ふたたびパリでさらに大胆に造形の実験を進めたのです。1906年から翌年の死に至るまで2年間の創作は、パウラの画業の頂点を形づくっています。造形の単純化がさらに推し進められ、独特のテンペラの質感が、深い輝きを宿した堅牢なマチエールを生み出し、彫刻的な存在感が描かれる事物や人間に備わるようになったのです。都市(パリ)と地方(ヴォルプスヴェーデ)の二重の中心が描き出す創造性の楕円形は、パウラ・モーダーゾーン=ベッカーという画家を介して、みごとな達成をもたらしているのです。まさにそれは、すぐのちの表現主義ばかりでなく、20世紀の絵画全体の歩みを予見するものでもあったといっても過言ではないでしょう。
 
《ライナー・マリナ・リルケの肖像》1906年
個人蔵(パウラ・モーダーゾーン=ベッカー財団寄託)
パウラ・モーダーゾーン=ベッカー、アトリエにて
1905年頃
パウラ・モーダーゾーン=ベッカー関連講演会  詳しい情報はこちら
戻る閉じる
All right reserved, copyright (C) The Museum of Modern Art, Kamakura & Hayama 2006