このホームページは多くの方に利用していただくため、スタイルシートを使用し、アクセシビリティに配慮した構造になっています。
お客様が使用されているブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

Home > コレクション > コレクション検索

若林奮   わかばやし いさむ (1936-2003)

image

残り元素 Ⅰ

1965  鉄

87.0×36.0×86.0

おもに鉄を素材とする彫刻作品を作った若林奮。世界的にも知られる彼の作品には、抽象・具象を超えた現代彫刻のありかたが示されている。「残り元素」という題名には、作品が単に鉄を型に流し込んでできるのではなく、手で刻み、磨くという、つまり物と人との対話する行為のなかから最後に生まれてきたものである、という意味が込められている。

凡例

■作品名

制作年 技法

寸法

[寸法の見方について]

洋画、日本画、写真の場合:寸法(縦・高さ)cm×寸法(横・幅)cm

彫刻、工芸の場合:寸法(縦・高さ)cm×寸法(横・幅)cm×寸法(厚み・奥行)cm

版画の場合(イメージ寸):寸法(縦・高さ)cm×寸法(横)cm

戻る コレクション検索へ

↑ページのTopへ