作品・資料詳細

項 目 内 容
作家名 麻生三郎
作家名(よみ) あそう さぶろう
生没年 1913-2000
作品名 死者
制作年 1961
材質・技法 油絵具、カンヴァス
寸法 194.0×130.6
No. ASOSAB1ZZ0002
解説 塗り重ねられた絵具のなかに、浮かび上がる人の姿。ひとりは横たわり、ひとりは両手足を広げて立っている。描かれているのは誰なのか。人物を示す具体的なものは描かれていない。《死者》と題されたこの作品には、日米安全保障条約への反対闘争のなかで命を落とした女学生への鎮魂の意が込められているという。1960年の安保反対デモには、麻生自身も参加している。それまで、妻や子供といった身近な家族や風景、物を描くことの多かった麻生には、直接的に事件や出来事を主題にした作品はほかにあまりない。1960年というひとつの時代の変わり目に、麻生が見つめて描いたもの。ここには生命を失った人間の体と生き続ける魂があり、麻生三郎はこの絵で戦後の社会と人間の本質に迫っている。
分類 美術作品

[寸法の見方について]

洋画、日本画、写真の場合:寸法(縦・高さ)cm×寸法(横・幅)cm

彫刻、工芸の場合:寸法(縦・高さ)cm×寸法(横・幅)cm×寸法(厚み・奥行)cm

版画の場合(イメージ寸):寸法(縦・高さ)cm×寸法(横)cm