作品・資料詳細

村岡みんの肖像

項 目 内 容
作家名 関根正二
作家名(よみ) せきね しょうじ
生没年 1899-1919
作品名 村岡みんの肖像
制作年 1917
材質・技法 油絵具、カンヴァス
寸法 45.2×37.8×2.6
No. SEKSHO1ZZ0001
解説 関根の友人である歌人・村岡黒影の母みんの肖像画。1917年(大正6)、ある女性に失恋した関根は、結婚を母に反対されて苦しむ黒影の実家のある山形を訪ね、1か月ほど滞在してこの作品を描いた。的確なデッサンによる表現は、モデルの内面に迫る勢いをもつ。真正面を向いた顔からは、息子を思いながらも気丈な態度をとる母の姿が想像される。
分類 美術作品

[寸法の見方について]

洋画、日本画、写真の場合:寸法(縦・高さ)cm×寸法(横・幅)cm

彫刻、工芸の場合:寸法(縦・高さ)cm×寸法(横・幅)cm×寸法(厚み・奥行)cm

版画の場合(イメージ寸):寸法(縦・高さ)cm×寸法(横)cm